teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


電気のイメージ

 投稿者:細馬  投稿日:2006年 9月22日(金)15時11分58秒
  さくらさん、まあお気になさらず。
ぼくも下町風俗資料館は3,4年ほどご無沙汰しているので記憶があいまいなのです。
十二階は一般への電気送電が最初に行われたところでもあり、電気の
イメージも当時はあいまいだったんでしょうね。

十二階のエレベーターの仕様書が見つかれば大発見だと思いますが、
まだ見たことがありません。
銅板や石版画、錦絵はたくさんあるのですが。
 
 

申し訳ありません。

 投稿者:さくら  投稿日:2006年 9月18日(月)01時08分11秒
  勘違いのスレにご丁寧なお返事ありがとうございました。
僕ははじめて下町風俗資料館行ったので、2階部分の展示は企画展示だと勘違い
していました。

日本パノラマ館の双眼鏡の絵は細馬先生のご覧になった風俗画報の挿絵が展示されていたものです。
電気の配線図は確かに実際の配線図というより、なんか電気!(笑)を絵に描いたような
感じがしました。
あと展示されていたエレベーターの図は資料館では銅版画って説明がありました。

BOOKOFFで川端康成の「浅草紅団」(ほるぷ出版の復刻版)と日清、日露戦争(世界文化社)(十二階の大きな図版や勧業博覧会の絵はがき屋さんの写真とか掲載)
がともに新品同様で105円で買えました。
なにか得した気分でした(笑)。
 

下町風俗資料館

 投稿者:細馬  投稿日:2006年 9月11日(月)09時51分36秒
  またまた日をおいてコメントを。

さくらさん<
下町風俗資料館、以前から十二階の模型がおいてありましたが、
図版はどれが置いてあったか失念してしまいました。当時の煉瓦なども
確か所蔵されており、十二階コンシャスな資料館だったと記憶します。
日本パノラマ館はかなり巨大だったようで、双眼鏡から覗くというのも
ありうる話だったのではないかと思います。ちょっと記憶が混濁してますが、
風俗画報の挿絵でそんな光景を見かけた気も。

エレベーターの石版はいくつかバージョンがあって、
電気の配線図のような図の描かれたものもあります。
ただ、実際の配線図にしてはなんだか簡素だったような。
 

下町風俗資料館

 投稿者:さくら  投稿日:2006年 9月 2日(土)23時23分17秒
  「上野公園開園130周年記念 企画展示」をやっていたので見てきました。
博覧会の開催ごとに整理された絵はがきや錦絵、写真などがわかりやすく展示されていました。じつは古い絵はがきを現物で見るのは始めてですが「絵はがきの時代」を読んでいたので興味深く見ることができました。

これは常設なのかもしれませんが、浅草公園関係のコーナーもありました。
十二階関係では「大日本凌雲閣乃図」の別バージョンの銅版画が多分原寸のままの大きさで展示されていました(有名な図版かもしれませんが僕は始めてでした)。
十階の室内から窓を覗いてる人や十二階の展望台から外を見てる人がいました。
またエレベータも前のバージョンとは違った書き方でした。
なにか電気の配線図のような記号化された図もありました。

あと浅草の日本パノラマ館の正面図や立体図等も展示されています。
パノラマ館の観覧場では双眼鏡が貸し出されていたらしく、パノラマを双眼鏡で
覗いている人がいました(笑)。

僕は漫然と見てきましたが詳しい方がご覧になったら面白い発見があるのでは
ないかと思います。9月24日(日)までのようです。

http://www.taitocity.net/taito/shitamachi/news.html

 

いつもながら

 投稿者:細馬  投稿日:2006年 8月26日(土)00時05分11秒
  不定期レスポンス失礼します。
新美さん<
ああ、ついにネットで十二階動画が。YouTubeあたりにそのうちいろいろ出てきそうな感じですね。

さくらさん<
高層建築、未見でした。ちょうど和歌浦や白木屋などにエレベーターが設置され、「東松リフト」が開発されていた頃ですね。のちに唱和になって後藤新平が母親のために設置したというのがホームエレベーターの最初だと言われていますが、この頃からすでに意識されはじめていたとは驚きです。

鉱山絵葉書マニアさん<
うわあ、ご紹介ありがとうございます。浅草十二階絵はがき、高くていいアングルですね。町並みは大正期ですが、のぼりの題名が読めたら年号が分かるかもしれません。
 

浅草十二階の絵はがき

 投稿者:鉱山絵葉書マニア  投稿日:2006年 8月23日(水)11時25分5秒
  細馬様 おはようございます。 ブログに浅草十二階の絵葉書をアップしました。こちらも、よかったらご覧いただければと思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/pentahydroborite/

 

『絵はがきの時代』

 投稿者:鉱山絵葉書マニア  投稿日:2006年 8月21日(月)11時04分29秒
  細馬様 日本絵葉書会お疲れ様でした。『絵はがきの時代』ですが、さっそく拝読しました。面白い!いっきに読んでしまいました。拙ブログ↓に紹介記事をアップいたしましたので、よかったらご覧いただければと思います。

ヤフーブログ 明治の記憶:絵葉書と鉱山
http://blogs.yahoo.co.jp/pentahydroborite/

http://blogs.yahoo.co.jp/pentahydroborite/

 

「高層建築」池田稔著 明治四十四年発行

 投稿者:さくら  投稿日:2006年 8月20日(日)02時34分48秒
  細馬先生に紹介して頂いた「国会図書館の近代ライブラリ」にありました。

浅草十二階は直接には紹介されていませんが、
凌雲建築として高層建築が表現されています。
鉄筋高層から鉄骨高層建築が誕生していく過程が説明されていました。

また明治末期の高層建築構想が必ずしも商業ビルや官庁等のビルだけでなく
一般住居(中級以下の層の住人)等を意識していたのもなにか新鮮でした。

当時の段階でのエレベーターの技術説明や大正三年新築の三越呉服店新店舗
の設計概要も詳しく紹介されています(エスカレータについての言及もあります)。

明治末期の高層建築への情熱や考えが僕的には面白かったです。
 

深夜徘徊者の不安

 投稿者:みのきし汁  投稿日:2006年 8月18日(金)03時30分59秒
  暑くるし~寝苦しい~痒い~てんで深夜にドラッグへ!ありゃ分かっていたけど閉まっとる!でも今年の6月に薬事法が改正されて2年後位に薬剤師がいなくても薬が売れるようになりドラッグストアも24時間営業に移行するんだよね~。便利になるな~と思う反面不安な点も。新しい法律でもまったく無資格な人が医薬品を売ることはないらしいが、その資格が「クスリを売ることのできる単なる販売業者」としての資格で医薬品の効能書にある「○○のような方、○○な症状がでた方は医師か薬剤師に相談して下さい」の文中の”相談者”に該当しないらしいのだ!
 この点消費者にとっては無責任な気がしてならないし薬害が発生した場合に製薬会社から「ちゃんと相談すべき者に相談しなかったアナタも悪い」と逃げ道を与えかねない。それに加えて一般消費者にも判るような責任を明確にした資格名称の名札義務化も無いというから、たまらない!
 

12階の爆破シーン

 投稿者:新美義人  投稿日:2006年 8月15日(火)18時02分5秒
  細馬 様

ご無沙汰しております。暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、USENの動画サイトGayoのドキュメンタリーのコーナーで、映画「日本百年」が今月末まで、公開されております。
http://www.gyao.jp/

その中で関東大震災後の12階を工兵隊が爆破するシーンが映りました。内部に爆薬を仕掛ける所は、はじめて見ました。

個人的には、昭和初めの小金井堤での花見のシーンが面白かったです。

http://www.gyao.jp/

 

レンタル掲示板
/12