teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


細馬様 ありがとうございます。

 投稿者:FST ツダメール  投稿日:2005年 9月14日(水)00時20分13秒
  さっそく、書き込みいただいて、ありがとうございました。
そうですね。直接青山墓地に、お尋ねしてみます。
ただ、お役所系のところなので、個人情報保護法やらなんやらと
教えていただけないような気がしたもので・・・
でも、まずは聞いてみます。
 
 

ツダさん<

 投稿者:細馬  投稿日:2005年 9月13日(火)19時27分13秒
  こんにちは。
青山墓地で、中村さんにはお会いしたことがあると思うんですが、
あいにく連絡先は失念してしまいました。墓地にとてもお詳しい
方だったと思うので、直接青山墓地にお問い合わせになると何か
ヒントがあるかもしれません。あるいはどなたかご存じの方、
おられますか?
 

青山霊園研究家の中村さんをご存知の方!

 投稿者:FSTメール  投稿日:2005年 9月13日(火)11時10分54秒
  突然、恐れ入ります。検索で、3年ほど前のHPから
このサイトに関係があると思われる方の記述で
青山霊園に詳しい中村さんという方のことを見つけました。
私、NPO法人で青山霊園の外人墓地を守る活動をしているツダと申します。
現在、中村さんと至急連絡をとりたく、探しているのですが
なかなか連絡先がみつかりません。
どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか
よろしくお願いいたします。
 

いろいろ

 投稿者:細馬  投稿日:2005年 9月10日(土)17時32分55秒
  7-8月とパソコンの不調でしばらく掲示板をのぞいておりませんでした。
SPAMでえらいことになっていました。ちょっと掃除をば。

rin-sangさん、青蛙房と喜多川さんゆかりの方に書き込んでいただけるとは望外のよろこびです。いろいろご教示ください。
石塚さん、ご無沙汰しております。さっそく御著書注文しました。うちの玄関には表紙のモノクロ版ポスターがいまでもどーんと貼ってあります。
石井さん、今年はバルトン忌、失礼してしまいました。シカゴで買った写真集が届いたので、これ、ぼちぼちスキャンしてお目にかけようと思います。
 

バルトン忌

 投稿者:いしい  投稿日:2005年 8月 3日(水)21時05分2秒
  2005年のバルトン忌は、8月7日(日)に日本下水文化研究会主催で開催されます。
午前の部・墓参は11時から。10時30分から青山霊園島村花店集合。午後の部は講演会。松枝におけるバルトンについて。13時30分より銀座区民館(東銀座、歌舞伎座裏)にて。会員外も歓迎とのこと。
 

御無沙汰しております

 投稿者:石塚メール  投稿日:2005年 8月 2日(火)12時12分21秒
  初作品集が出版されました。
『押絵と旅する男』には十二階も登場します。
御笑覧下さい。
http://www.kimiaki.net/paroru.htm

http://www.kimiaki.net/

 

喜多川周之氏の文章

 投稿者:rin-sangメール  投稿日:2005年 7月23日(土)11時05分56秒
  喜多川さんの十二階関連文書に載っていないので、或いはご承知かもと思いながら・・・
私の持っている「浅草寺」(浅草寺教化部)第194号に、喜多川さんの「浅草寺を中心とした浅草(30)」、195号に(31)、200号に(34)が載っており、205号には載っておりませんが、どれほど続いたのか知りませんが連載しております。お知らせまで。
 

浅草12階の写真

 投稿者:rin-sangメール  投稿日:2005年 7月23日(土)08時26分12秒
  初めてお便りいたします。本は出たときにすぐ買って読んだのですが、こんな面白いサイトをなさっていたのは、昨日まで知りませんでした。そこで掲示板を見ていたら、ちょっと気になることがありましたので、或いはご存知かもしれませんが一言。萩原朔太郎の詩で浅草の十二いろはの三階の・・・これはいろは牛鍋店のことで、30数店の支店があったもので、理想はいろは48店だったのでしょう。木村荘八のおやじさんが経営した店のことです。
長くてすいませんが、もう少し。実は私、昔青蛙房という出版社におりまして、喜多川周之さんに可愛がって戴いたものです。喜多川さんからは、デパートの浅草展に出品した百美人の写真、及そのネガを戴き、いまだに持ってます。それと、12階の上から四方を写した写真も戴いております。もしご希望がありましたらご覧に入れます。
ながながと失礼致しました。
 

『日本の屋外生活風景』

 投稿者:いしい  投稿日:2005年 5月28日(土)21時13分24秒
  写真集『日本の屋外生活風景』(Scenes from Open Air Life in Japan)を入手しました。バルトンが撮影した14枚の写真に、漱石の恩師マードック先生の解説を添えたもので、カナダのメトロポリタン・トロント参考図書館で見せてもらったものと同じ本のようです。画像の仕上がりはイマイチです。このサイトで紹介されている青木の玉乗りの前から十二階を遠望した写真は、バルトン撮影で確定です。また、以前この書き込みで触れた、どこを撮影したか不明の「浅草風景」は、やはりこの本でも「浅草」とされています。ほかには浅草寺観音堂を撮影した写真、上野公園、向島の花見風景(というか酔っ払いたち)、牛車の農夫、長崎めがね橋などが掲載されています。ちなみに、喜多川周之さんが見たバルトン結婚記念の写真集とは別編集と思われます。  

すばらしい研究

 投稿者:TOVI  投稿日:2005年 5月21日(土)20時51分15秒
  すばらしい研究で感服しました。
さっそくクラフトを作ります。
ありがとうございます。
 

レンタル掲示板
/12