teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はんぎんぐべあ~

 投稿者:城主  投稿日:2007年 7月10日(火)01時14分25秒
  >つづき

小熊のコーナーの次にメス熊のコーナーへ行ってみる。
途中に売店があって、熊の餌(クッキー?)を売っているので購入。
空掘もしくは塹壕のようになっていて、上から熊を見下ろすようになっている。
高さが5メートルぐらいあるので、熊からはだいぶ離れているけど、やはりオトナの熊は大きい!
山の中でいきなり出遭ってしまったら、さぞかし大変なことになるであろう。。

メス熊はオスに比べるとおとなしくて頭も良いそうなのだけれど
この熊達はほんとに熊なのだろうか?
ほんとはみんな着ぐるみで、従業員が中に入っているんじゃないだろうか?(-o-;)
ってぐらい、みんな動作が人間染みている。
後ろ足で直立するのは当然として、手(前足)を振ったり、手招きしたり、中にはM字開脚してるのもいる!?(・∀・;)
餌がほしいから人間の動作をみて覚えたんだろうけどスゴ過ぎる。。
このままだと何時か人間に換わって、熊が世の中を支配する日が来るかも!?
でも、そんな懸念もオス熊を見たら払拭された。
オス熊は瞳に全く知性の色がない。
これが「野生」というものなんだろう。
「野獣」と言ってもいいかもしれない。
絶対に飼い馴らすことのできない獣。。
ヒグマ恐るべし(・∀・;)
っつ~か、オスとメスでこんなに違うものとは驚きだぜぃ。。

◆ここで学んだこと
 オスとメスの熊を比べた場合、オスの方が大きい、凶暴。メスの方が頭が良い、器用。
 個体によって毛の色が大分違う、蛇が嫌い、泣き声が汚い。
 熊も人間が怖いので、出会わないのがお互いのため。
 
 

すかーれっとにーどる

 投稿者:城主  投稿日:2007年 5月12日(土)02時39分53秒
  >9月12日
いよいよ最終日。
今日の予定は「熊牧場」に行くことしか決まってないので
なんとなくその後の予定を立ててみるが、結局は行き当たりばったりになりそう・・(^^;)
朝食後にひとっ風呂浴びてチェックアウト。朝の露天風呂は気持ちイイ(・∀・)!!

カーナビの案内がわかり難くて少し迷ってしまったが、登別熊牧場の入口に到着。
ここからロープウェイで登るのである。入口では巨大な熊の剥製がお出迎え。。
今回の旅には旭山動物園か熊牧場の券が付いていたのだけど
「どちらか選べるのなら、両方とも同じぐらいの金額だろう」と予想して
確実に行くことになっていた旭山の方を貰ったのだけれど、その選択が誤りであったことを知る・・。
熊牧場・・高い!!(・∀・;)
まあ、ロープウェイの運賃が含まれていると考えれば妥当なのだろうけど
旭山と比べると数倍の差・・・。
ちょっとブルーになりつつ山頂を目指す。

熊牧場に着くと、まず小熊のエリアがあった。
小熊ギザカワユス!!(*^ω^*)
まるでぬいぐるみ!!(*^ω^*)
しかも飼育係のおねぃさんが美人!!萌え~(*^ω^*)
ちょうど、おねぃさんが掃除をしているところだったんだけど
小熊たちはずっとおねぃさんの後をついてまわったり、時々足にじゃれついたりする。
それがまたギザカワユス!!
しかし、おねぃさんは仕事の邪魔なので「しつけ」ということで
小熊の頭をバシバシ叩いたり、軽く蹴ったり・・(-o-;)
小熊たちは一瞬キョトンとなるものの、大して痛がる風でもなく。。
熊の体は丈夫なので、多少叩かれたぐらいでは大して痛くないのだそうである。
 

おーろらえくすきゅーしょん

 投稿者:城主  投稿日:2006年11月 8日(水)00時53分0秒
  >9月11日(後編の続き)
19時過ぎに宿に到着。
努力(?)の甲斐あって、予想していた時間より多少早めに着いたので、夕食前にひとっ風呂浴びることにする。
名前が「グランドホテル」というだけあって、全体的にけっこう広い。
部屋も十畳だし、今回の旅行は宿(部屋)は当たりかな?
まあ、会社の社員家族旅行で来たから、自分で取ったわけじゃなくて
あんまり期待してなかったけど、なかなかどうして使えるもんだな・・。
などと考えつつ、大浴場へ。
その大浴場がまた広い・・。
中央に直径6メートルぐらいの円形の湯船(?)があって
周囲にそれぞれ番う泉質の、2畳分ぐらいの湯船が3つ。
通路を出ると露天風呂が2つ。
これは今までに入った温泉の中で一番広いかも。
普段、足を伸ばして風呂に浸かれない人間にとっては嬉しい限り★
食事の時間があったので、まったりモードに入りそうになるのを抑えて部屋へ戻る。
部屋に戻ると既に宴の支度が整い、連れが待っていた。
急いで出てきたつもりだったんだけど・・(^^;)
料理は、よくある旅館の食事って感じで、見た目と味に少々開きがあるかな・・。
ま、パックツアーだし・・と自分を納得させる。。
食後胃袋が落ち着いたところで温泉に再チャレンジ。

温泉宿にはよくあるんだろうけど、ここも日替わりで男湯と女湯が入れ替わる。
昔、仕事で山形の現場へ行って温泉宿に泊まった時に、それに気付かず女湯に入ったツワモノがいたなぁ・・とか
髪が長かった頃は、温泉に行くと老人や子供にジロジロ見られたなぁ・・などと
しょうもないことを考えたりしつつ、明日の予定もちょっと考えてみる。
登別なのでクマ牧場に行くことは決まってるけど、それ以外は何も決まっていないのである。
いずれにしろ、明日の夜には内地に帰らないといけないので
そんなに遠出はできないし、移動距離の長さには既に参ってしまったので
なるべく近くで面白そうな所を探すことにしよう。
 

しゅーぷりーむさんだー

 投稿者:城主  投稿日:2006年11月 2日(木)01時23分50秒
  会社の人に教えてもらったのが、その「だるま」なんだけどね(^^;)
ラーメン屋とかならともかく、その手の店で20人待ちじゃあ並ばないでしょ・・。

>9月11日(後編)
今夜の宿は登別温泉なので、できれば早めに移動したかったのだけれど
なんやかんやで富良野出発が5時過ぎになってしまった(><)
とにかく車に乗り込み、カーナビで目的地をセット。
目的地までの所要時間・・・ご、5時間!!まじっすか!?( ̄□ ̄;)
いやいや、距離は300キロぐらいだから飛ばせば3時間・・なのか!?
まあ、とにかく出発しないことには前へ進まないので(当たり前だが)
前半は連れに運転してもらって出発。
途中で運転を交代して、更に走る走る。
札幌を通り越してもまだ走る。
いつしかすっかり陽も暮れて辺りは真っ暗。
助手席からは安らかな寝息が・・・(-o-;)
軽い殺意を抑えつつ(嘘)なんとか登別に到着。
高速を降りて窓を開けてみると、澄んだ夜気と共に硫黄の匂いが入ってきた。
ここが温泉地であることを実感。。
 

BGM by Masashi Sada

 投稿者:園児  投稿日:2006年10月20日(金)02時19分41秒
  あーそれで土産が「白い変人」だったのね(って反応遅っ)
いいなー旅したいなー
っちゅーわけで自分も来月旅します
土産は生八ツ橋(not生八木橋クン)か明太子煎餅かって感じです

ジンギスカンならすすきのの「だるま」がオススメ。
札幌ミサの時は必ず寄ってま。ビールもまいうー。

>親方
よろしければ自分の★◎*●※~♪焼きましょか?
 

蛍~゜

 投稿者:城主  投稿日:2006年10月10日(火)01時54分36秒
  >9月11日
急遽、富良野に行くことに決定。
昨日の天気が嘘のように今日は快晴。
札幌市内は車が多かったけど、少しはずれるともうガラガラ。。
高速もほとんど他の車がいない。
結果的に旭川方面に向かうので、昨日来た道を引き返すことになるのだけれど
昨日は夜だったのと、雨が降っていたので周りの景色は全然見えなかった。
が、今日は快晴。
高速の両側には北海道らしい、素晴しい景色が広がっているではないか。。
これじゃあ、あの地平線の彼方まで行ってしまいたくなる(自分の車だったらの話だけど・・)
今回の車は三菱のコルト。可もなく不可もなくって感じなんだけど
どうしてもATになじめないのと、軽すぎるパワステも嫌いなのでちょっとストレス。。
まあ、自分の車に比べれば無茶苦茶静かだし、乗り心地もいいんだけどね(^^;)

高速道路上には何故かトンボがやたら多く飛んでいて
時々、車にぶつかってしまう・・トンボは好きだし、益虫なので殺したくない。
頼むから避けてくれ~~(>_<)

なんとか二時間ぐらいで富良野に到着。
富良野ワインハウスでチーズフォンデュと富良野ワインをいただく。
チーズフォンデュは美味しかったけど、ワインはいまいち・・。
抜栓してからちょっと時間が経ちすぎかな?
その後はチーズ・アイスクリーム工房へ。
チーズの試食をして、なんか買おうと思うのだけれど
満腹なのであまりほしいとは思わず、何も買わずじまい。。
 

萌え~(笑)

 投稿者:城主  投稿日:2006年10月 4日(水)00時31分10秒
  モンゴル一丁目を後にしてホテルへ。
今回のホテルはススキノまで徒歩五分ぐらいで、なかなかの好立地。
まだ少し飲み足りなかったので、ホテルのバーへ行ってみる。
日曜日のせいか、客は他に一組だけ。
取り敢えずカウンターに陣取り、メニューを物色・・。

・・決まらない。

いやいや、金額を気にしなければ、シャンパンのボトルとか頼むんだけど
今夜はあと一杯だけって決めていたのでね・・なかなか(^^;)

で、いつまでも迷ってるわけにもいかないので
ぱっと目についたバカルディを注文。
どんなんだったっけか?・・と思いつつ、ラムベースだからまあいいか、と。
最近、ちょっと海賊モードだったし。

さて、明日はどこに行こうか・・?
 

おかえりなさ~い!城主さまぁ!

 投稿者:蝋人形の親方  投稿日:2006年 9月26日(火)22時18分20秒
  うふっ!・・・いいかげんにしろ。(--;)
おばはんがいうたところできもすぎだよねぇ。(^^;)
いいなー北海道。私も確か美唄いったとき、札幌でちゅこっと入ったお店の普通の三色丼が
ものごっつぅうまかったのを覚えてます。ジンギスカンってやっぱり本物はうまいのねえ。
今度もっと土産話きかしてもらおう。

>やぎっちょ
了解ですー。早速探してみるべー。(^^)
 

ジン・ジン・ジンギスカ~ン♪

 投稿者:城主  投稿日:2006年 9月25日(月)01時09分53秒
  10分ほど歩き回って、ようやく「モンゴル一丁目」という店に決める。
雰囲気的には「焼き鳥屋」みたいな感じの店で、テーブル、カウンター、奥に座敷で30席ぐらい。
入った時はほぼ満席だったけど5分ぐらい待って奥の座敷へ通される。
ファーストドリンクはもちろん生ビール。
それも北海道限定の「サッポロ・クラシック」だったかな?(^^;)
ちょっと記憶が曖昧だけど、それを注文。
味は最初ちょっと甘いんだけど後味がドライで、焼肉系にはぴったり。
ビールを飲みつつ、今まで食べたことがないような羊肉を注文。

今までジンギスカンって言うと、薄っぺらなハムみたいな肉しか食べたことなかったんだけど
やはり、ちゃんとした店に行けば、ちゃんとした肉があるわけで
ラムカルビ、ラムハツ、モモ、ロースと、調子に乗って注文しまくる(笑)
あとタタキなんてのもあったから、それも迷わず注文。
さすがに肉が新鮮なので、どれも旨い。
しかも、あの羊特有の臭みも全然ない。

だが、ここが問題。
あの臭みが好きなのに、それがないとちょっと物足りない・・。

しからば、イエローテイルの赤をグラスで頼んでみようか。
ここは札幌、しかもススキノ。時間はまだ21時を過ぎたばかりなのだから・・。
 

旅日記

 投稿者:城主  投稿日:2006年 9月22日(金)01時40分13秒
  1日目は旭川空港に昼過ぎに着いて、レンタカーの手続きをして(混んでたので1時間ぐらいかかった)旭山動物園へ。
話題になってる場所(ホッキョクグマ館、アザラシ館、ペンギン館等)は混んでたけど
それ以外はプチ閑散・・まあ、天気も悪かったしね(^^;)
ペンギン館は、手を伸ばせば触れるぐらいの距離で見られるからオススメ。

で、1日目は札幌泊だったので5時過ぎに旭山を出発。
旭川~札幌間、約150キロ・・( ̄□ ̄;)
途中、土砂降りになったり、霧が出てきたりしたけど
なんとか8時前ぐらいにホテル(エクセルホテル東急)にチェックイン。
普通のツインルームだったと思うけど、部屋がすごく広くてびっくり。
しかし、感動もそこそこに夕食をとりに夜のススキノへ・・。
どうしてもジンギスカンが食べたかったので、会社の人に教えてもらった店に行ってみたけど
すでに20人ぐらい並んでいたので、泣く泣く諦めて他の店を探す・・。
適当に歩いていたら、なんだかソー○街らしきトコロに迷い込んでしまった・・

つづく
 

レンタル掲示板
/10