teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 管理人の長文投稿用スレ(44)
  2. 2次エロ画像うp専用スレ(96)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:微エロ師範  投稿日:2020年 7月14日(火)03時01分39秒
返信・引用
  >礼二さん

 いつも色んな作品の投稿ありがとうございます。

 ただ、私がUPする予定の作品を先にUPするのは、流石にやる気がなくなるので勘弁して下さい。私が持っている画像
を大量にUPされても、掲示板の他の投稿が流れるだけですし。

 ブログの記事のラインナップで大体『いかにも私が記事を作りそうな作品』の傾向は分かると思うので、そういう
所は外して貰えると助かります(特に昔のマニアックな作品)。とりあえず過去の正月の雑談記事でDVD-BOXを買った
と書いてある作品は確実に避けて欲しいです。

 ゲゲゲの鬼太郎3期と人魚の森は、準備が終わって近々UP予定だったのを見事に先回りされちゃいましたし(苦笑)。
先にUPされると何かもう本当に どうでも良くなるんですよ。

 もしOVAのシャンプーの入浴シーンとか先にUPされたら、残りの『らんま』シリーズの記事は打ち切り確定なので、
この件だけ取り急ぎレスしました。
 
 

らんま1/2のOVA

 投稿者:礼二  投稿日:2020年 7月12日(日)18時59分36秒
返信・引用
  アニマックスで「らんま1/2」のOVA版11作品を放送してくれまして、視聴しました。

ブログ主さんの言っていたシャンプーの入浴シーンありました!
女らんまのヌードも!
あかねの入浴シーンも結構ありましたが、ガードが堅いですね...
見たいところはしっかり隠してます。

編集が完了したら、私の拙いキャプチャ技術で申し訳ありませんが、UPしましょう。

http:// 

 

悲報!szkさんの水着がついにラッシュガードになる!

 投稿者:miyama  投稿日:2020年 7月12日(日)17時25分18秒
返信・引用
  裏山にウォータースライダーを作り、水着に着替えに行ったszkさんが戻って来ると…。
「あれ?パーカーか何か着てるだけだよね!?」
そういえば冒頭のシーンで、ジャイスネはラッシュガードだったけど…、まさか…。
「くそ~、イヤな予感が的中しやがった!」
で、でも今回はウォータースライダーだから…。
ポロリを気にしてラッシュガードにしただけさ!そ、そうに違いない!
 

パズドラの美少女系モンスターでちょっとサービスしてくるやり口は嫌いじゃない

 投稿者:miyama  投稿日:2020年 6月28日(日)19時04分53秒
返信・引用
  1枚目はソニアというキャラで、主人公タイガの相棒トラゴンを
モンスターの世界へ連れ戻し、試練を受けさせてパワーアップのきっかけを作った。
以下のキャラとは少々立場が違うモンスターです。

2枚目は「焔刻の時龍契士・ミル」という、ややこしい名前のモンスター。
このように実体化するのは「リーダーモンスター」のみなので、
「番組内容」だけで録画の可否を判断するのは難しいです…。
(女性キャラのリーダーモンスターが美少女系とは限らないし、その逆もまた然り)
ただ、昨季まではBSでも放送があったので、撮り逃し録画が可能だったのですが、
現在はBSでの放送がありません…。

3枚目は「響奏の愛猫神・バステト」というモンスター。
やはりリーダーモンスターですが、さりげなくパンチラしてますね…。
令和はパンチラ解禁なのでしょうか?
制作会社が老舗の「ぴえろ」だからか、上の画像も含めて、
「白くしたいんだけど黒く塗りつぶした」ようなシーンはちょいちょいありましたが…。
この番組は現在、実写バラエティーとアニメの2本立てなので、
次の改編期には終了の可能性もあるので、開き直ってしまったのでしょうか?
それとも「これ、モンスターですけど何か?」で押し切るつもりなのか…。
まぁ、どちらにしても、こういうのが流行ってくれると良いですね!
とりあえず、「毎週録画決定」っと…。
 

書き忘れた事と追記…

 投稿者:miyama  投稿日:2020年 6月 7日(日)18時46分39秒
返信・引用
  微エロ師範様

 今やすっかり「クリーチャー」と「少年」がメインの人になってしまいましたけど、
大谷育江や小桜エツ子のロリ美少女はもっと評価されてもいいですよね?
OVA版エルハザードのアレーレなんか一家に一人欲しいくらい…。
90年代半ばくらいの脱衣系ゲームのロリキャラは割と大谷育江率が高かったような…。
まぁ、松井菜桜子のお姉さま・金髪留学生率も高かったような気がしますが…。
もちろん、後にネットで観て知ったのですが…。

 一つ前の投稿で、「キラッとプリチャン」のめるを「ヤバい」と表現してしまいましたが、
ミラクルキラッツとの対決を前に、脳天気な行動をしすぎて、ピリピリしていたあんなを
怒らせてしまい、しょんぼりとしたり(画像1枚目)、
無断でさらの家にお泊まりしに来て、風邪(と心労?)でさらが倒れてしまった時には、
どうしたら良いか分からず、涙ながらにみらいに相談し、必死に看病したり(画像2枚目)と、
めるはヤバいですが、100%ヤバい訳ではないという事を追記しておきます…。
3枚目は初登場回のめる。めるは他のキャラに比べると、明確に胸があります。
 

アイカツの新シリーズが秋からなので土曜の楽しみがない!

 投稿者:miyama  投稿日:2020年 6月 6日(土)19時48分20秒
返信・引用
  微エロ師範様

 ぶちょうの素顔は特別美少女という訳でもなくシンプルな感じです。
ただ、手芸コンテストなどでゴンじろーの毛糸を狙ったりする際には、やや暴走します。
毛糸で作った般若面を付けて、ドラゴンボール的強さで男子をボコボコにしたり、
ジェイソン的マスクを付けて、大鋏でゴンじろーを襲ったりしました…。
画像は、昼休みのボール争奪戦に敗れてしまったおじょおに、
「男子の作戦にしてやられたわね。」と声をかけているシーン。
彼女の素顔が出るのは、この「ドッジボール回」のみです。
(「クリスマス回」ではメガネを掛けたまま寝ている…。)

 めるめるは「あほ」ではありません!ヤバいんです!
13歳にしてNASAの研究員をしていたという過去を持つ(当然、飛び級で大卒のはず)、
「知的な才女」なんて表現が陳腐に思えるキャラです。
しかも、「桃山みらい」の家(洋菓子店)のオーブンを修理したり、おしゃまトリックスが用意した、いたずら用の「絶対解けない知恵の輪」を(力技のようにも見えましたが)
解いてしまったりと、知識だけでなく、実務能力?もハイレベルで備えています。
さらに、チア歴の長い「萌黄えも」を体力で圧倒し、兄が世界的ダンスアーティストである「黒川すず」のダンスを、一度見ただけで完璧に再現するなど、運動能力も優れています。
ただ、その反動か人間性?に問題があるようで、抑えられない好奇心、異常な食欲、じっとしていると眠ってしまう、といった弱点?があります。
画像は、あらゆる勝負で全敗した「すず」が、「じっとしていられない」めると、
「じっとしている対決」をした時のもの。
眠ってしまうから、目が閉じないようにシールを張ったりしているのですが、無理なようで…。
これら「プリティシリーズ」は「くしゃみして鼻水」くらいは、キャラによってはOKだったりするのですが、ここまでできるのはめるだけかもしれません…。
 ちなみに、この作品で「あほ」なのは、えもちゃんです。画像3は可愛いえもちゃん。
以下、私のイメージ(2年目までに登場したメインキャラのみ)

みらい⇒普通・いまいち目立たない・主人公補正 えも⇒あほ・元気・短気
りんか⇒めるが登場するまでは知性派・良識派・美的センスに少々問題あり
あんな⇒ツンデレ・金持ち・短気 さら⇒クール・ボーイッシュ・実は可愛い物好き
める⇒天才・ヤバい まりあ⇒ぶりっ子・ヤバい
すず⇒年下だが妹系でもない・ややツンデレボーイッシュ?
虹ノ咲だいあ⇒内気・イメチェンしたら派手めで悪目立ち?
アンジュ⇒おっとり美人だが少し不思議
 

まとめてレスその2

 投稿者:微エロ師範  投稿日:2020年 6月 5日(金)05時23分17秒
返信・引用
  >miyamaさん

【けだまのゴンじろー】

 『おじょお』は普通に萌えアニメ系のヒロインとして通用しますね。『ぶちょう』も眼鏡を外したら美少女なんて
設定が無くても、ぐるぐる眼鏡のままで結構 固定ファンが付きそうです。表情豊かで何か可愛いし。
 純粋キッズ系 作品としては、女の子のバスタオル姿を堂々と映すだけでも頑張っているのは間違いないんだけど、
色気は皆無だからサービスかというと違うかな、と。むくれて赤面している表情は、私的にはサービス認定したい。


【キテレツ大百科】

 みよちゃんの水着姿はビックリするほど色気がありませんね…。新青狸のSZKちゃんの水着シーンもガッカリなもの
が多いと思ってたけど、あれでも多少は色気があったんだなぁと再認識しました。多分 身体が どうこう じゃなくて、
顔に『性的な雰囲気』が無いんでしょう。新青狸のSZKちゃんは普通にエロが似合うキャラデザだし。


【コロコロとボンボン】

 ボンボンは創刊当初はコロコロを激しくライバル視していましたが、惨敗に次ぐ惨敗で すぐにコロコロが狙わない
所を狙って行く『スキマ産業』的な雑誌に落ち着きましたよね。

 割と制約が厳しいコロコロと比べ、ボンボンは かなり好き勝手にやらせてくれたとボンボン系 作家の何人かが後に
証言していました。マニアックな作品や露骨なエロ要素 満載の作品が多かった分、ボンボンの方が年齢層が高めの
読者が多くて、それが作品や作者の根強い人気に繋がっているのだと思います。
 コロコロ作品は、子供なら誰もが好きになるけど、必ず数年で卒業してしまう内容…というイメージが強いです。

 コロコロやボンボンみたいな児童誌の漫画版とアニメ版は、基本ほぼ同時進行で別々に企画が進行するから、途中
で漫画版の方がアニメに寄せないと完全に別物になりがちですよね(苦笑)。重要な設定も平気で違うし。

 あと、とにかくページ数が超少ないのにアニメ版の放送に合わせて完結させないと いけないから、メチャクチャ
話が端折られるし、主人公が悩みのカケラも無い単細胞バカにされがちだったり。1コマすら惜しい児童誌マンガでは、
いちいち悩んだり苦しんだりする主人公は作家の敵でしかありません。仲間が死んだ次のページで爆笑してるぐらい
のメンタルじゃないとページが足りないのです。


【姫ちゃんのリボン】

 物凄くハマッて見てました。もう28年の前の作品なんですね。レンタルDVDで2006年に見ていたようなのですが
(キャプ画像が わずかに残ってる。面白過ぎて数日で全話 一気見したのを覚えてる)、とにかく姫子が可愛くて話も
超面白かった、という記憶しか残ってないです。

 全話の詳細な内容や設定のメモを取っていたのに、そのファイルがHDDクラッシュで消し飛んだのがショック過ぎて
記憶が消えたのかも知れません(マジで)。キャプってた1000枚ぐらいの画像も ほぼ根こそぎ消滅したけど、画像は
早送りで撮り直せば良いからね。

 台詞や画面の細かい部分から読み取ったアニメ版の設定を死ぬほど細かくメモしてたのに、考察とかも超頑張った
のに、ブログで真っ先に記事を作ろうと思って、データが消し飛んでる事に気付いた時の絶望は凄まじかったです。

 あぁ~、大谷育江 嬢の美少女ボイスはエロ可愛過ぎるんじゃ~(*´∀`) 一時期 必死になって大谷育江 嬢が主演
してる18禁アニメを買い漁ってました。VHSからDVDに移す前にテープが死んだ作品が多くて悲しい (;´A`)


【月面探査記】

 SZKちゃんは いつも通りですね…。この程度が当たり前な時点で、もうサービス担当として完全に失格でしょう。

 ルナの見た目は素晴らしいです。相変わらず新青狸はゲストヒロインやモブがクッソ可愛いけど、映画版は とにかく
話題作りが必要だから、美少女キャラが女優やアイドルにされてガッカリな事になりがちですね。つーか広瀬アリス
って誰よ? 広瀬すず なら話題になるだろうけど、『広瀬すず の姉』って言われても知らんがな。女優としては成功
してる部類の人みたいだけど、芸能界に興味が無い人間が知ってるレベルじゃないと集客効果は全く無いぞ。

 夕方枠に移ると視聴率が大幅に落ちるのはTV業界では常識だし、それが分かった上で夕方に飛ばされたのだから、
テレビ朝日にとっては もう あまり金にならない『落ち目』のコンテンツである事は疑いようのない事実です。

 一応、視聴率 半減までは予想してなかったらしく、社内で問題になって認知度 維持の為にBS朝日で遅れ放送ながら
ゴールデン復帰させている所を見ると、『お荷物という程ではないので、映画で稼ぐ為にTV版を延命している』という、
名探偵コナンと同じポジションに落ち着いたんでしょう。

 映画で元が取れなくなったらTV版も放送終了になるだろうけど、相当フザケた事をしない限り それは無いんじゃ
ないかな。まあ、ぶっちゃけ もう放送終了しても気にならない程度には興味も失せましたが。


【スレイヤーズTRY】

 スレイヤーズシリーズは全作通じてサービスシーン自体が超少ない上に、サービス度も全体的にショボいです。
期待したくなる絵柄ではあるんですが。アメリアの乳袋は当時 物凄く気になってたけど、超電磁砲の食蜂操祈とか
見てたら全然 気にならなくなりました。物理的に有り得ない超不自然な表現なんですけどね。
 

まとめてレスその1

 投稿者:微エロ師範  投稿日:2020年 6月 5日(金)05時19分13秒
返信・引用
  >miyamaさん

 まさか5ヶ月も返信 出来ない状況になるとは思いませんでした。申し訳ないです。もう見てないかも知れない
けど、返信はしておきますね…(;´A`)

 流石にコロナのせいで職を失う可能性が物凄く高い時に、のんきにブログなんか やってられなかったので。
と言っても、1ヶ月以上 記事の更新が無いとGoogle様からブログの表示順位を猛烈に下げられるので、何とか
1ヶ月に1度は記事を作らないと いけないんですよね。

 と思って頑張ってたら、何か今年の5月3日にGoogleの検索アルゴリズムの大幅な変更があって、現在ウチの
ブログは壊滅的にお客が激減してます。


 ここ数年1日3~4万人 前後(たまに5~6万人)で安定していたユニークアクセス(同じ人が何回来ても1人と
数える)が、アルゴリズム変更後たった1日で1000人 前後まで急落し、その後もジワジワと減り続けて1ヶ月後
には800人を切りました(記事が検索にヒットしないから、検索経由の客が どんどん減る)。

 このままでは、今年中には確実に『10数人の常連客 以外は誰も来ない超過疎ブログ』と化してしまいます。
いくら何でも1日のユニークアクセスが2桁になったら もう絶対に更新する気はないので、現在ウチのブログは
風前の灯です。誇張でもなくガチで滅亡寸前です。

 現在 必死に対策中ですが、時間がロクに取れない上に技術的にも正直お手上げな状態です。とにかくモバイル
フレンドリーなサイトにする事と、ブログの全記事をHTTPS化(常時 暗号 通信化)する事。この2つを やらない
と、ウチのブログは今年いっぱいで更新終了となる可能性大です。閉鎖はしないと思うので、常連さんのコメント
への返信ぐらいなら気が向いたらするかも知れませんが。


 Googleが もう いつウチのような非モバイルフレンドリーでHTTPS非対応な化石サイトを検索から完全排除する
か分からない状況なので、終わってるし詰んでるし お疲れ様でしたって感じです。最悪の場合、記事の大部分が
閲覧不可能な状態になってもHTTPS化を強行し、少しずつ各記事を対応させて行くしかなさそうです。

 必死に更新作業をして何とか記事をupしても すぐ次のタイムリミット来る。お客は目に見えて日に日に減って
来てる。もう心が折れそうです…(;´A`) ブログって もっと楽しいものじゃなかったかなぁ…(遠い目)



【あんなちゃん】

 あ~、これは いけません。可愛過ぎます。全部見てなくても厳選されてると分かる極上の可愛さです。やはり
最近の死んだ魚の眼をしたハンコ絵や3Dモデルの自称・美少女(美しくも可愛くもない)を見慣れていると、この
絶妙な描き分けで豊かな表情が ことごとく超絶 可愛いキャラというのは神の賜物だと感じます。スタッフの並々
ならぬ愛を感じますね (*´∀`)

 あ~、あんなちゃんを全力でキャプりたいんじゃ~(破滅への誘惑)。でも、結構 作画レベル低い話も多い
感じだし、そんなに極上あんなちゃんは撮れないのかな。


【めるめる】

 あれ? 基本 天才肌のクールビューティーだけど お茶目な所もあるよ的なキャラをイメージしてたんだけど、
何か違うっぽくね? いや、可愛いのは間違いないんだけど、何か方向性が違うような。もしや これはアホの子
というヤツでは…? まあいいや(めるめる)


【エイナちゃん】

 作画の揺れ幅が大きいから、2枚目はムチムチ具合といい高校生にしか見えないけど、3枚目は中学1~2年生に
見えますね。小学生と言われても『5~6年生かな』と普通に納得する絵柄です。

 アイドルで『永遠の17歳』を自称しているのなら、先輩は最低でも正統派アイドルとして活動するのが苦しく
なって来た20代後半あたりでしょうね。流石に30代だと悪意があり過ぎるし。20代前半で『永遠の17歳』とか
言ってたら、自殺に追い込まれる勢いでネット上でボロクソに叩かれて、先輩アイドルからも総スカンを喰らう
でしょうし。


【爆丸バトルプラネット】

 青髪の娘がヒロインって時点で、『海外展開もしている』のではなく『海外展開のついでに日本でも放送している』
のだと思います。視聴者が子供か大人かを問わず、大多数の日本人には受け付けない(日本製アニメの系譜には無い
異質な)キャラデザだし。実際、北米の方が先行放送みたいだし。

 毒キノコも青髪ほどでは ないけど、やはりアメリカ人様 好みのキャラデザと配色で、日本人には理解し難いセンス
です。いっそピンクじゃなく赤にした方が『ベニテングタケ』って あだ名が付いて変な人気が出たかも知れません。
意外と猛毒ではない(微毒)『ベニテングタケ』は、日本人には妙に人気がある毒キノコですし。

 エミリーは外見も性格も割と日本人好みのヒロインですね。病弱設定を無視して やたら健康そうなキャラデザで、
儚さのカケラも無いのは、多分『薄幸そうな子供の存在を許せない』アメリカ人様に配慮した結果でしょう。本当に
下らない連中です。
 

人魚の森その2と人魚の傷

 投稿者:礼二  投稿日:2020年 5月27日(水)06時31分32秒
返信・引用
  1枚目は「人魚の森」のラスト近く。
湧太と真魚の目の前に現れた人魚は、業深き生涯を終えたばかりの登和の若い頃の顔に似ていました。

2枚目はOVA版の第2作「人魚の傷」(1993年)より。
本作にはサービスシーンはなく、冒頭の人魚の群れより下乳が見えるカットを抜き出すのがやっと。。。

http:// 

 

人魚の森

 投稿者:礼二  投稿日:2020年 5月24日(日)13時03分9秒
返信・引用
  ブログ主さんの無事がわかったところで、こちらもアップを再開しましょう。
OVA「人魚の森」(1991年)より。
ブログ主さんは高橋留美子作品がお好きなようなのでセレクトしましたが、「うる星やつら」や「らんま1/2」のようなギャグとは打って変わった重いストーリー。

ヒロイン真魚(声・高山みなみさん)。
人魚の肉を食べたことで不老不死となってます。
年齢は不明みたいですが、外見は15歳くらい?

1枚目は偶然の事故で死亡し、椎名医師(声・槐柳二さん)の手で神無木邸に運び込まれて、右腕を神無木登和(声・土井美加さん)に移植する手術をしています。
が、その途中で生き返り、右腕にメスを入れられた傷も瞬時に治ってしまいました。

2枚目は真魚の入浴シーン。
登和が背中を流してあげると、浴室に入って来ますが。。。

3枚目は、真魚の体を奪わんとする登和が実力行使に打って出る!


http:// 

 

レンタル掲示板
/43