• [0]
  • 12球団分析 第11回 中日ドラゴンズ

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2011年 2月27日(日)00時34分6秒
 
最大8.5ゲーム差から逆転優勝

6月頃だっただろうか、中日は首位読売ジャイアンツ相手に8.5ゲーム差をつけられるなど優勝は絶望的かと思われていた。

しかし7月に5連続完封勝利など投手力を前面に押し出すとチームは上昇。

特に大きかったのは本拠地ナゴヤドームで巨人、阪神をカモにしたこと、阪神には5連勝を2回、巨人には9連勝、余談だがCS含めると11連勝するなど直接対決を次々とモノにする。

そして4年ぶりリーグ優勝を果たした。

CSでも巨人を3勝1敗と圧倒で勝ち上がる、特に最終戦は不振の4番和田が弾丸ライナーのサヨナラヒットとドラマチックな展開だった。

今シーズンは57年ぶりとなる完全制覇を狙う。




ピッチングスタッフ

強力な投手陣が持ち味

先発:吉見一起、チェン・ウェイン、中田賢一、山井大介、マキシモ・ネルソン、山本昌、朝倉健太、小笠原孝、川井雄大、伊藤準規、山内壮馬、岩田慎司

中継:浅尾拓也、高橋聡文、平井正史、清水昭信、鈴木義広、小林正人、河原純一

抑え:岩瀬仁紀



いやはや凄い投手陣である。

昨シーズンは13人が先発したのだが、解雇されたエドワード・バルデス以外の12人が今シーズンも全然使える選手たちだった。

序盤は吉見一起とチェンだけという苦しい展開だったが、後半になるにつれネルソンや山井大介、中田賢一など次々と先発が増え始め、最後は山本昌含めた6人で穴のないローテを作れた。

中日の投手力が強い原因にはナゴヤドームの存在もあると思う。

ご存じナゴヤドームは球界一といってもいいぐらい広い球場だ。

つまり球場が広いためホームランをおそれずインコースをズバズバついていける。

本拠地が広い福岡ソフトバンクホークスや北海道日本ハムファイターズもその原理で杉内俊哉、和田毅、ダルビッシュ有、武田勝などを育て上げ、投手力を中心の野球をやっている。

対照的ともいえるのが横浜ベイスターズで、狭い横浜スタジアムが本拠地なため中々投手が育たず、投手崩壊状態となっている。

話を戻すが来季の中日の課題はビジターでの戦い方、だろう。

本拠地ナゴヤドームでは51勝と圧倒したにも関わらず他球場ではわずか27勝に終わった。

セ・リーグは狭い球場が多い。

広いのは阪神甲子園球場とナゴヤドームぐらいで、MAZDA zoom-zoomスタジアム、東京ドーム、横浜スタジアムとHRが出やすい球場が多い。

そこが他球場での不調の原因になっているのだろう。



リリーフも豪華

7回高橋聡文、8回浅尾拓也、9回岩瀬仁紀

これが中日の「勝利の方程式」である。

この3人が凄いのは記述をしなくてもわかると思うので他に選手にスポットをあてていきたい。

平井・鈴木・小林の3人だ。

2005年の阪神はかの有名なJFK、久保田智之。ジェフ・ウィリアムス、藤川球児という3投手の他にSHEというすなわり桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴の3人が主にビハインドゲームで登板し、登板が多いJFKの負担を軽くした。

この3人にもその役割が求められているといえる。

そして見事その役割を果たした。

まず平井だ、3・4月は12試合に投げて防御率1,98と大車輪の活躍。

5月こそ打ち込まれるもののそれ以外の月は安定しリリーフ陣を支えた。

続いて鈴木、4月には巨人リリーフピッチャーの越智大祐に試合を決定づけるタイムリーツーベースを打たれるなど厳しい内容だった。

しかし7・8月は16試合投げ防御率0.00と絶好調、夏場、猛追のために高橋・浅尾の負担を軽くしたいところに見事にはまった。

最後に小林、左のサイドスロー気味のフォームからスライダーなどを投げ分ける投手。

特に左には強く被打率.212、巨人小笠原道大、阿部慎之介、阪神クレイグ・ブラゼルや鳥谷敬など上位球団の強力な左打者を封じ込めた。

どうしても優勝となると高橋や浅尾、吉見やチェンなど大活躍した選手に目が行きがちだが、こういういぶし銀の選手たちの活躍が無ければ優勝はできないのである。




野手・スタメン分析

森野、和田、ブランコにランナーを貯めて繋げるのが必勝法

捕手:谷繁元信、小田幸平

一塁:トニー・ブランコ 二塁:井端弘和、堂上直倫 三塁:森野将彦 遊撃:荒木雅博

左翼:和田一浩 中翼:大島洋平、英智 右翼:ジョエル・グスマン、藤井淳志



なんといってもランナーを貯めてクリーンナップ、特に森野将彦・和田一浩に回すのが中日の勝ち方だ。

和田の打点が93、ブランコ86、森野84そして4位の荒木が39まで落ちる。

OPSでも和田1.061、森野.937、ブランコ.850と続く中、こちらも4位の荒木が.715まで落ちてしまう。

いかにクリーンナップが強力で、しかし裏を返せば他の打者で点を取れない打線というのがよくわかる成績だろう。

さて、中日してはこれ以外の選手でポイントゲッターを作りたい、そこで新入団の黒人外国人野手グスマンに期待したい。

2Aからの入団だが長打力があり、春の非公式試合では現在3試合連発と絶好調。

このグスマンが6番に入れば打線は厚くなる。

しかし心配なのは守備だ。

前述だがナゴヤドームは球場が広い、グスマンはお世辞にも外野の守備が上手いとは言いにくい守備だと聞いている。

中日は投手力がウリのチームである、このグスマンがライトを守ることによって守備が崩壊、それに続くように投壊とならないか、そこが心配だ。

後はブランコ、和田の後釜を早めに作っておきたい。

ブランコは昨シーズン、一昨年より成績が下がるなど徐々にだが研究をされ始め、来季も活躍ができると太鼓判を押すのは難しい。

和田も今年の6月で38歳となる、いくらここ4年3割を超えていて昨シーズン自己ベストを記録するなど不死身のような成績を残していても、今シーズンは飛ぶボールから飛ばないボールになるため昨シーズンより成績は落ちるだろう。

早めに用意しておかないと遅くなる。

候補としては同じ右打ちの落合監督が「未来の三冠王」と太鼓判を押すも中々芽の出ない平田良介、パンチ力のある打撃が持ち味の2年目松井佑介らだろうか。

なんにせよ早めに育て、用意しておきたいところだ。



早めに探したい谷繁の後釜

中日黄金期の象徴と言えるのが谷繁だ。

谷繁がきてから徐々に中日が強くなり始めたといっても過言ではない。

しかし中日は9年間、谷繁に頼り切ってきた。

今シーズンは小田が代役を務めたが小田も34歳と若くない。

やはり若手捕手、若手捕手探しが急務だろう。

若手捕手というと吉田利一に松井雅人、田中大輔や前田章宏も入ってくるか。

自分は松井に期待したい。

昨シーズンは1軍で14打数で8三振などプロの洗礼を浴びたが、オープン戦で巨人からHRを放つなど打撃センスは持っている。

ファームでもルーキー捕手ながら.255 2本塁打をマークするなどその打撃を見せつけた。

それに守備面でも非凡だ。

まず地肩が強い、スローイング技術は谷繁には及ばないが、地肩ならすでに谷繁より何段も上だろう。




落合政権はどこまで続く

落合監督は今シーズンで8年目となる。

ここ最近の野球では14年間監督をやっていた王貞治監督が08年にやめ、コロコロ監督が代わるので異例では無いか。

原辰徳監督が6年目、渡辺久信、梨田昌孝監督4年目、真弓明信監督、秋山幸二監督が3年目、小川淳司監督が代行で2年目、野村謙二郎監督・尾花高夫監督・西村徳文監督・岡田彰布監督2年目、星野仙一監督が1年目だ。

巨人原監督が何とか対抗している形で、他の監督は年数でダブルスコア以上をつけられている。

前述のようにここ最近は監督がコロコロ代わる。

落合監督にはこのまま10年目はもちろん、15年ぐらいやってもらいたい、これが今の野球界に無い、まさに「オレ流」となると思うのだが。




タイガース、この選手に注意

浅尾、高橋にはともに0点台と全く打てていない。

この2人が出てくる前にリードしておかなければ、負けを覚悟することになるだろう。

打線では森野に.462 5本 15打点、和田に.354 5本 15打点と完全にやられている。

この2人を抑えることが、=勝利となるだろう。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage


レンタル掲示板